ED薬の存在を知らず、勃起しないのに治療をしていない方もいらっしゃるようです。
年配の方が知らないようですが、治療をしたら、若い頃と同じように性行為を楽しめるようになりますので、まずは薬をもらう為に泌尿器科へ足を運んでみましょう。

加齢による勃起障害は、誰にでも起こりえることです。
周りの目を気にして、病院に行けない方もいらっしゃるみたいですが、同じ症状で悩んでいる方は結構多いので、自分だけだなんて思わず、自信を持って下さい。
特別な病気ではありませんし、薬を飲めば勃起力は改善し、今までのように性交を楽しめますので、早めに病院に行きましょう。

ED薬の効き目は健康状態で違う

勃起不全を改善するためのED薬ですが、アルコールを飲んだ後だったり、健康状態が悪い時に服用すると、効果が出にくくなることがあると言われています。
その日の状態によって、効果が出るのが遅いという事もあるようですから、性行為をする予定を立てるなら、元気な時を選びましょう。

せっかく薬を飲んでも効果が持続する時間が短いとなると、失敗してしまう可能性もあります。
一般的には、ED薬を飲めば複数回のプレイも可能とされているのですが、効き目が弱くなってしまうと1回もできないという事もありえるので、薬を飲む日の体調には気をつけて下さい。